熱や光・メスを使わない 最先端の美容医療 自己幹細胞培養上清療法 神戸市三宮 神成美容外科
オンラインで相談 078-242-4380
トップページ 自己幹細胞培養上清療法とは 美容治療メニュー 症例紹介 クリニック案内 QA

幹細胞医療とは

幹細胞とは

わたしたちの身体は細胞によって構成されており、その中でもとりわけ皮膚や血液の細胞は寿命が短く、絶えず新しい細胞に入れ代わっている組織があります。組織を保つために、失われた細胞を再び生み出して補充する能力を持った細胞があります。
こうした能力を持つ細胞が「幹細胞」です。

幹細胞と呼ばれるには、次の2つの能力が不可欠です。

①皮膚、赤血球、血小板など私たちの身体を創る様々な細胞を作り出す能力(多分化能)

②自分とまったく同じ能力を持った細胞に分裂することができるという能力(自己複製能)

の2つです。

こうした「幹細胞」の性質を利用して細胞や組織を再生する、病気を治す医療は「再生医療」と呼ばれ、新しい治療法の研究や、体内の細胞の状態を身体の外で再現して病気の仕組みを調べる研究が進められています。

幹細胞について

①脂肪由来とその比較

現在、身体にある体性幹細胞を利用した治療が試みられている中、私たちは脂肪組織由来間葉系幹細胞を使って行っています。

皮下脂肪組織から比較的容易に得られ、移植の拒絶反応もなく、安全性も高いことが証明されています。

皮膚繊維芽細胞:繊維芽細胞は幹細胞とは異なり最終分化を遂げた細胞で、脂肪細胞へ分化したり、骨細胞、軟骨、肝臓、膵臓などの帰属を超えた細胞、組織への分化能力は有していません。そしてある一定の細胞分裂の後、細胞死が誘導されます。また、産生される生理活性物質の種類も幹細胞より少なく産生能力も低下しています。

臍帯血由来幹細胞:臍帯血には造血幹細胞の他に脂肪由来幹細胞(間葉系幹細胞)と同様の幹細胞が含まれています。造血幹細胞は白血病治療などのように造血幹細胞移植に使用されます。間葉系幹細胞は脂肪由来幹細胞と同じ細胞特性を有しています。しかしながら、臍帯血中の間葉系幹細胞はその数において脂肪組織中の幹細胞の数には及びません。また、自分の細胞という訳にはいきません。組織適合抗原が違うので移植された細胞が拒絶されたり、逆に移植片対宿主反応(GVHD:拒絶反応とは逆の反応で移植した細胞が宿主を攻撃する反応)が誘導される可能性があります。※1

以上のことから自分の脂肪組織由来の幹細胞は臨床応用上、安全性、コスト、細胞特性から見た臨床効果においても最も期待が持たれる大変優れた細胞ソースであると言えます。

脂肪由来 骨髄由来 臍帯血 繊維芽細胞
(幹細胞ではない)
自己由来or他人由来 自己由来 自己由来 他人由来 自己由来
採取方法 容易(局所麻酔) 難しい(局所麻酔) 他人より採取 容易(局所麻酔)
採取適応年齢 幅広い年齢層 高齢者になると困難 × 幅広い年齢層
幹細胞の種類 間葉系幹細胞(多) 造血幹細胞と間葉系幹細胞(少) 造血幹細胞と間葉系幹細胞(小) そもそも幹細胞がない
幹細胞の数 最も多い 少ない 少ない そもそも幹細胞がない
幹細胞の培養 大量培養が出来る 培養が難しい 培養は出来ない そもそも幹細胞がない。
繊維芽細胞のみの培養。
適合性 △他人由来の為、適合検査必要※1
適応治療 肌全体の若返り
身体の若返り
頭髪の再生
血管再生・修復 身体の若返り 部分的シワの改善に限る
脂肪由来 骨髄由来
自己由来or他人由来 自己由来 自己由来
採取方法 容易(局所麻酔) 難しい(局所麻酔)
採取適応年齢 幅広い年齢層 高齢者になると困難
幹細胞の種類 間葉系幹細胞(多) 造血幹細胞と間葉系幹細胞(少)
幹細胞の数 最も多い 少ない
幹細胞の培養 大量培養が出来る 培養が難しい
適合性
適応治療 肌全体の若返り
身体の若返り
頭髪の再生
血管再生・修復
臍帯血 繊維芽細胞
(幹細胞ではない)
自己由来or他人由来 他人由来 自己由来
採取方法 他人より採取 容易(局所麻酔)
採取適応年齢 × 幅広い年齢層
幹細胞の種類 造血幹細胞と間葉系幹細胞(小) そもそも幹細胞がない
幹細胞の数 少ない そもそも幹細胞がない
幹細胞の培養 培養は出来ない そもそも幹細胞がない。
繊維芽細胞のみの培養。
適合性 △他人由来の為、適合検査必要※1
適応治療 身体の若返り 部分的シワの改善に限る

②脂肪組織由来間葉系幹細胞の優位性

この脂肪由来の幹細胞の発見は、2001年のことでした。その当時UCLA形成外科教授のZukPAらによって、皮下脂肪組織の間に豊富な幹細胞が骨髄よりも多く存在することが発見されたのです。

幹細胞は、腹部など全身の皮下脂肪組織という意外な所にも存在していたのです。しかも、骨髄由来幹細胞は、大部分が造血細胞に分化するのに対して、脂肪組織由来幹細胞は、多分化能に優れ、95%が間葉系幹細胞で主に中胚葉起源の細胞に分化します。

そのようなことから、骨髄から採取するよりも脂肪から採取することの有用性が指摘され今、脂肪組織由来間葉系幹細胞が注目されているのです。