熱や光・メスを使わない 最先端の美容医療 自己幹細胞培養上清療法 神戸市三宮 神成美容外科
オンラインで相談 078-242-4380
トップページ 自己幹細胞培養上清療法とは 美容治療メニュー 症例紹介 クリニック案内 QA

再生医療とは

病気やケガなどで失われた組織、細胞、器官の再生を行う治療を総称して「再生医療」と呼ばれています。
例えば、身体機能の回復訓練であるリハビリテーションや、人工の材料から作る義手、義足、人工関節など、また皮膚移植や骨髄移植、臓器移植といった、生きた細胞を扱う細胞移植などが、広い意味での再生医療として知られています。

様々な再生医療の中で、当院が注力している再生医療は近年最先端医療として世界中で研究が進められている脂肪組織由来間葉系幹細胞を利用することで、毛母細胞の機能回復や疾患の治療・アンチエイジングを目指すものです。

もともと人間の体は自分自身を修復・再生する能力を持っています。その能力の元になるのが細胞のタネとも言える「幹細胞」で、この幹細胞があるおかげで多少の切り傷や火傷などのケガ、また病気などは自己修復させることが可能なのです。しかし、この幹細胞は老化によってその数が激減していきます。よって、子供のケガや病気は治りやすいのに対して、加齢とともにケガや病気は治りづらくなるのです。

脂肪組織由来間葉系幹細胞の利用による再生医療とは、ケガや病気で傷ついたり失ってしまった組織や器官、臓器を自分自身の幹細胞を使うことによって機能を再生したり元通りの形に修復する最先端の医療技術なのです。