熱や光・メスを使わない 最先端の美容医療 自己幹細胞培養上清療法 神戸市三宮 神成美容外科
オンラインで相談 078-242-4380
トップページ 自己幹細胞培養上清療法とは 美容治療メニュー 症例紹介 クリニック案内 QA

診療の流れ

※STEP.1・2・4・5は神成美容外科で行います。
※STEP.3はグランソール奈良で行います。

『 STEP.3 幹細胞抽出・培養 』とは

1.カウンセリング

幹細胞培養上清を用いた治療を受けるときに、最初に行うのがカウンセリングです。
カウンセリング専用ルームで、まず患者様のご希望・ご要望をしっかりとお聞きします。そのうえで医師から治療の目的や安全性、リスクなどをご説明させていただきます。ここで大切なことは患者様と医師がしっかりとコミュニケーションを取り、相互が納得いくまで話し合うことです。

カウンセリングを行う際、当クリニックが最も重視しているのがインフォームド・コンセントです。

インフォームド・コンセントとは、治療について患者様やそのご家族が内容について十分に説明を受けよく理解したうえで、患者様ご自身の意思で医師と治療の方針についての合意をすることです。

2.脂肪組織採取前診察

幹細胞培養上清を用いた治療は、患者様に同意していただいてから採血し、検査を行ったうえで実施します。

採血では、次のような検査を行います。

血液検査で正常範囲内でも病気の手前の場合もあります。全身をスクリーニングすることで、新たな病気が見つかることもあるので大切な検査です。

3.脂肪組織採取

細菌感染を防止するために、管理が行き届いた清潔な手術室にて、皮下組織から脂肪組織を採取します。

脂肪組織の採取の方法は、医師との話し合いで以下のどちらかの方法で行ないます。

①吸引法

シリンジ吸引法にて、お臍もしくはヒップを数ミリ切開して脂肪を採取します。幹細胞上清療法のみを受ける方の方法です。

②ブロック

数ミリ~数センチ程度切開して2ミリ四方のブロックで脂肪組織を採取します。

ほかの美容治療、例えば目の上や目の下脂肪取り等の治療で採取した脂肪を幹細胞培養上清治療に活用することも可能です。

4.細胞培養上清の調整

当院提携ラボにて厳密な品実管理のもと、幹細胞の分離・培養を行います。培養には1ヶ月程かかり上清を抽出し、無菌で保管致します。

5.局所投与

シミ・シワ・たるみの改善、豊胸、育毛・発毛法や植毛などのエクスターナルアンチエイジング(美容医療)を行うときにこの方法で投与します。

豊胸、シミ、シワ、たるみの改善は、感染予防のため衛生管理を徹底した清潔な局所注入専用の手術室で投与します。

このほか、患者様の状態や症状に適切な局所注入や局所投与を行っています。

投与した後はすぐにご帰宅できます。入院の必要はありません。

6.投与と継続治療

投与後はアフターケアとサポートを行います。

症状やご状態により異なりますが、初診時の治療プランに基づき、1週間~1ヶ月毎に継続投与を行います。