熱や光・メスを使わない 最先端の美容医療 自己幹細胞培養上清療法 神戸市三宮 神成美容外科
オンラインで相談 078-242-4380
トップページ 自己幹細胞培養上清療法とは 美容治療メニュー 症例紹介 クリニック案内 QA

美容治療メニュー

治療の効果

身体のエイジングケア

静脈内への全身投与(点滴)

点滴などの溶液に培養上清を入れてゆっくりと静脈内に投与します。

培養上清には多種多様のサイトカインが豊富に含まれていることから体内の損傷している部位の細胞が活性化し、様々な組織機能を老化現象から強く引き戻します。

1~2週間毎の継続治療をお勧めします。

所要時間40分程度。

詳しい治療料金は、お問い合わせください。

肌のエイジングケア

1.肌老化の原因

年齢を加えることによって生じる様々な変化を、エイジング(加齢)といいます。エイジングが起こる原因は大きく分けて、A)内因性老化、とB)外因性老化 の2要因があります。

A)内因性老化

エイジング(加齢)による成長ホルモン減少に伴う肌再生能力の低下が要因の自然老化です。
主にa)皮膚の乾燥、b)皮膚の菲薄化が原因となります。

a)皮膚の乾燥

乳幼児期には約80%あった真皮の水分量は、20歳をピークに女性の肌から徐々に減少し、 乾燥しがちになり肌の潤いが低下していきます。
これは角質の潤いを保つ天然の保湿成分が、年齢とともに減少していくのが主な原因です。

皮膚の潤いを保つ角質層の成分は、下記の3つで構成されています。

① 肌の表面を覆って肌の水分蒸発を防ぐ「皮脂膜」

② 角質細胞が120層も積み重なり、多重層構造で保水する「角質細胞間基質」

③ アミノ酸や尿素などで構成される「天然保湿因子(NMF)」

乾燥により角質層の表面がはがれやすくなると3つの成分に隙間ができ、この隙間を通して表皮の水分が蒸発します。水分を失った表皮はさらに薄く硬くなり、小ジワとなってしまうのです。

b)皮膚の菲薄化

一般的に50歳を超えると、老化の進行が一段と早くなります。 それは、更年期による女性ホルモン(エストロゲン)の低下が原因で、肌細胞を作り出す力が衰え、皮膚が薄くなるからです。

女性ホルモンが減少すると コラーゲンの分泌量や新陳代謝も低下し、皮脂腺の活動も鈍くなって肌のたるみが生じてきます。また、肌が薄くなると炎症が起きやすく、 感染症にかかりやすいといった問題も生じます。皮膚の薄さは肌のたるみ、シワ、乾燥など肌老化の原因に加え、肌トラブルの原因にもなるので注意が必要です。

B)外因性老化

a)光老化とb)ストレス老化に分けられ、主に肌老化を促進させる要因となっています。

a)光老化

紫外線(UV-A、UV-B)の害による肌細胞の損傷のこと。光老化をもたらすのは、主にUV-Aです。実は年中降り注ぐ紫外線こそが肌老化の最大要因なのです。

UV-A…

長波長紫外線のことで紫外線の中で最も波長が長く、表皮最下層である基底層から真皮にまで到達し、メラノサイトを活性化して黒くなる日焼け「サンタン」を起こすもので、UV-Bと比べてそれほど急激な作用はないが、気付かないうちに光老化を促進させている主因は実はUV-Aなのです。

紫外線の中でUV-Aは波長が長いため雲や窓ガラスも通り抜け、晴れた日にしか心配がいらないUV-Bよりも20~30倍の量が私たちに注がれています。そしてUV-Aは肌の真皮にまで到達し、肌のハリを保っているコラーゲンとエラスチンという2つの繊維を壊す酵素を増やして、コラーゲン繊維は小さく切断され、エラスチンは変性されてしまいます。

このため皮膚は弾力を失ってたるみ、シワを発生させます。また皮膚の細胞を遺伝子レベルで傷つけるほか、皮膚の免疫力も低下させてしいます。

UV-B…

中波長紫外線のことで、肌の表皮にあるメラニン細胞を活性化させて多量のメラニンを生成させる作用があり、日焼け「サンバーン」をさせるものです。

エネルギーが強く、表皮細胞の遺伝子に傷をつけることでシミや皮膚ガンの原因になります。

主な症状としては、発熱、腫れや痛み、発赤、またはひどい場合には腫れあがって水泡を生じさせます。

波長が短いため肌の真皮にまで直接は届きませんが真皮にある肌のハリを保っているコラーゲン繊維を壊すコラゲナーゼという酵素の働きを高めて、間接的にシワの原因になります。

b)ストレス老化

老化を引き起こす原因の一つとして近年注目されているのが「活性酸素」です。

活性酸素とは体内に取り込まれた酸素の一部が脂質と結合して酸化させたものです。金属や食べ物・油など、物質は長い間空気にさらされると酸化しダメージを受けます。これと同じように私たちの細胞も酸化し、ダメージを受けています。

皮膚が酸化すると細胞にダメージを与え、真皮のコラーゲンなどを硬くして皮膚の弾力を失わせ、老化を進めていくのです。

活性酸素は細胞がエネルギーを作り出すときになどに自ら発生しており、これを打ち消すSOD(スーパーオキシドラジカル)という抗酸化酵素も同時に生成することで無害化されています。SODの生産量は35歳くらいから急激に減少し、活性酸素による老化現象が徐々に現れ始めます。

活性酸素は激しい運動や精神的なストレス、喫煙や公害、OA機器から発生する電磁波、また、脂質の多い食事や添加物の多い食生活など、主な原因は毎日の生活習慣により発生します。特に激しい運動などで筋肉が一気にエネルギーを必要とする際や、ストレスなどで胃が縮小し一時的な酸欠状態になった後等、血液が一気に流れ込む際に大量に発生します。

活性酸素が大量発生した際、SODも同時に大量生産され中和されれば問題ありませんが、SODの生産が不足し中和しきれなくなると、活性酸素が様々な弊害を引き起こしはじめます。その最も顕著な弊害が老化現象なのです。

2.幹細胞培養上清による肌のエイジングケア

エイジングを食い止める重要な若返り要素は、「お肌をどれだけ正しい周期で生まれ変わらせることが出来るか」なのです。ターンオーバー(お肌の生まれ変わり)の周期は平均28日周期ですが、表皮細胞の生産量によって決まります。つまり、表皮細胞を生み出す表皮幹細胞の活性が若返りの重要な役割を担っているのです。表皮幹細胞を活性化し、ターンオーバーを促進することでキメの整った透明感のある若々しいお肌を取り戻せるのです。

『エイジングケア=幹細胞の活性』

幹細胞は、皮膚、赤血球、血小板など私たちの身体を創る様々な細胞を作り出す能力(多分化能)と、自分とまったく同じ能力を持った細胞に分裂することができるという能力(自己複製能)を持っている変幻自在な細胞です。私たちの身体の中には、さまざまな種類の「成体幹細胞」が存在していますが、現在、美容や医療の分野で最も用いられているのは、皮下脂肪から採取した「ヒト脂肪由来幹細胞」です。骨髄から採取するよりも脂肪から採取することの有用性が指摘され今、「脂肪組織由来間葉系幹細胞」が注目されているのです。
※幹細胞医療とは~幹細胞について~参照

神成美容外科では、患者様ご自身の皮下脂肪を採取して幹細胞を分離・培養した上清(培養液)を使用するため、感染症の心配もなく、安心・安全のもとエイジングケアを行っていただけます。

培養上清を水光注射にて均一にお肌へ注入することで、基底膜にある幹細胞の一種「表皮幹細胞」を活性化して表皮細胞を産生し、真皮層にある「真皮幹細胞」が線維芽細胞を産生してコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成し肌組織を作り出します。

この作用によりターンオーバーが短縮し、肌組織が若返り、健康な状態に戻ります。

幹細胞に直接働きかけて肌組織を活性化する、他にはない次世代のエイジングケアです。

~治療の流れ~

① 洗顔後、麻酔クリームを治療部位(顔・手の甲・首・デコルテetc…)に塗布します。
※麻酔クリームでの「局所投与」

② 麻酔クリーム塗布30分後、水光注射にて培養上清を直接注入します。治療時間は約10分です。

③ 翌日からメイク可能です。

④ 1ヶ月毎の継続治療をお勧めします。

~効果・効能~

肌細胞自体の産生・若返り、ハリ・ツヤ・潤いをもたらす美肌効果。

【肌の若返り】肌のハリ・ツヤがこの通り !!

術前術後の画像

水光注射と点滴を投与した症例

ほうれい線 ここまでシワが薄くなりました

術前術後の画像

ほうれい線の症例

頭髪の再生

発毛効果が証明されていて、安全性が高い

脂肪幹細胞培養上清には、KGF(毛母細胞増殖因子)も含まれており、発毛効果が証明されています。

他人の上清を原料にした発毛薬も市場に出回っていますが、自分自身の脂肪幹細胞培養上清を使用することで、よりリスクが少なく、より高い効果を得ることが出来ます。

幹細胞培養上清の頭皮への注入は、頭髪に邪魔されずに毛根に確実に届けるため注射で注入します。
また、副作用のリスクも低く、安全性が高いことも立証されております。

薄毛 再生力促すから薄毛もこの通り

術前術後の画像

頭皮へ直接注射で投与した症例

頭皮へ直接投与

培養上清を頭皮へ直接注入することで、発毛や育毛の効果があります。

また、植毛の生着率を高めることもできます。

2週間毎の継続治療をお勧めします。

治療時間10分程度。

詳しい治療料金は、お問い合わせください。

豊胸

患者様ご自身の細胞

幹細胞培養上清の豊胸手術は、患者様ご自身から採取した脂肪細胞と一緒にバストへ注入します。

そのため、注入した脂肪細胞の生着率が大幅に増し、通常の脂肪細胞注入豊胸手術より形の整ったキレイなバストとなります。

また、バストの形だけではなく、幹細胞培養上清の効果でバスト自体にハリと潤いがよみがえります。

患者様ご自身の脂肪細胞と脂肪幹細胞培養上清を注入しますので、副作用のリスクも低く、安全性が高いことも立証されております。

詳しい治療料金は、お問い合わせください。

症例

効果例1【肌の若返り】肌のハリ・ツヤがこの通り !!効果例1

自己幹細胞培養上清療法の効果例【肌の若返り】肌のハリ・ツヤがこの通り !!

術前術後の画像

水光注射と点滴を投与した症例

効果例2ほうれい線 ここまでシワが薄くなりました効果例2

自己幹細胞培養上清療法の効果例ほうれい線 ここまでシワが薄くなりました

術前術後の画像

ほうれい線の症例

効果例3薄毛 再生力促すから薄毛もこの通り効果例3

自己幹細胞培養上清療法の効果例薄毛 再生力促すから薄毛もこの通り

術前術後の画像

頭皮へ直接注射で投与した症例